ツマは言語聴覚士

失語症は治るの?

Posted on 2019年3月12日

元通りになるのは、1年後? 2年後?

オットが脳出血になり、生まれて初めて失語症という言葉を知りました。もちろん、失語症の人と接するのも初めてです。わけのわからない言葉(ジャーゴン)を話すオットに戸惑いながら、まあ3カ月もすれば自然に元に戻るのだろうと思っていましたが、すぐに医師からこう言われました。

失語症のリハビリには時間がかかります。
3カ月では元通りになりません。

それはわかりました。では、どのぐらいで元通りになりますか?
1年ぐらい? それとも2年もかかるのでしょうか?

完全に元通りになるのは、難しいでしょう。

医師からハッキリそう言われたのか、それとも私がそう感じとったのか、残念ながら覚えていません。ただ、発症から3週間がすぎて急性期病院から回復期病院に転院し、本格的な言語リハビリが始まった頃から、これは長くなりそうだと実感するようになってきました。

言語リハビリを見学して、先が長いと実感

それまでの私は、オットのことを「うまく話せなくなった」だけだと思っていました。話しかけると、普通に笑ったりしかめ面したりして、理解しているようにみえたのです。ところが、言語聴覚士のリハビリで、言葉の検査(標準失語症検査)をしているところを見学させていただいたときに

うーーーわあああああああああーーーそうだったのおおおおおお!

「これはなんですか?」という質問に答える「話す」検査が苦手なのは想定内でした。が、「○○と△△を取ってください」というような指示通りにモノを動かす「聞いて理解する」検査が、できない。見当違いなモノを持ち上げてこれかな違うかなこっちかなとボーッと眺めてるオットをみたときに、「うわ、これは大変なことになったぞ」と。話すことだけではなく、聞くことも、そして読み書きもリハビリしなければならないのかと、ズシンと腹にこたえました。

現在私は言語聴覚士として、失語症の方やその御家族と接しています。御家族のなかには、当時の私のように「失語症は話すのが苦手だけど、聞いて理解はほぼできている」と思っている方がいらっしゃいます。

これは、家族での会話はお互いに共有していることが沢山あるため。おまけに、表情やジェスチャー、指さしなどの情報もあるので、「聞く」力が低下していても、だいたいのことは伝わることが多いのです。でも実際は、詳細までは理解できていないことも。家族が「ちゃんと言った、伝えた」と思っていても、失語症の方にしっかり伝わっていないこともあり、それが元で喧嘩になることもあります(はい、我が家です……汗)。

失語症の症状は人それぞれ、どうすればコミュニケーションがしやすくなるかも、それぞれ違います。「うまく伝わらない。どうすればいいのかな」と困ったときには、どうぞ担当の言語聴覚士にきいてみてください。きっとそこに、何かしらヒントがあります^ ^

発症から6年、まだまだ変わっている

オットが失語症になってから、6年以上がすぎました。

話すときに、思っているのと違う言葉(錯語)がでることはありますが、間違いに自分で気づいて言い直せるようになっています。

聞くことは、長くて複雑な文だと一度では理解が難しいです。そんなときは「わからない、理解できていない」と相手に伝えて、何度も言い直してもらっています。

読むことは、仕事のメールの理解ができるようになっています。やさしい文章ならば読書も楽しめるようになってきました。

書くことは、助詞などの誤りはありますが、時間をかければ簡単な内容を文章にできるようになっています。

言語聴覚士としてみると、オットは珍しいケースだと思います。重度の失語症から6年でここまで言葉の状態が変化する人は、あまり多くはありません。
何がよかったのか、どうして改善したのか。正直いってよくわかりません。脳出血を起こした場所や範囲、発症が47歳と比較的若かったことは、関係していると思います。また、復職できたことも言葉の回復に大きく影響しているでしょう。

一般的に、失語症は発症から3カ月〜6カ月で大きく回復しますが、その後は段々と回復が少なくなり、1年ぐらいで安定状態(プラトー)に達すると言われています。

けれどもオットは、6年経っても、まだ少しずつ変わっています。
(その経緯はBlog版「ウチの失語くん」をお読みください^ ^)

完全に元通り、ではありません。
でも、これからも変わり続けると思っています。

 

 

ツマは言語聴覚士 記事一覧

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
初めてのコメントの場合は、承認が必要です。掲載まで少々お待ちください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)