BLOG版ウチの失語くん

高血圧のこと(発症1年28日)

Posted on 2013年8月16日

いま仕事で、高血圧について書いているので(もちろん私が)
参考になるかもと、当事者であるオットに聞いてみました。

私「高血圧について、何がいちばん知りたい?」
オット「いま、じゃなくて、倒れる前に知りたかったよ」
私「何が知りたかった?」
オット「こんなになるってこと」

オットは30代から血圧が高く(140/100ぐらい)
健診のたびに「要注意」判定を受けていました。
徹底的に減塩をしたこともあるし
頑張って体重を落としたりしたこともあるのですが
何をしても血圧はピクリとも下がらず。
(あ、意外と知らない人も多いようなのですが
塩分を減らしても血圧が下がらない人は大勢います。
塩分と血圧に相関関係がある「食塩感受性」の人は
日本人の約4割。
つまり半分以上の人は減塩関係ないのです)

だからまあ、これは遺伝が原因だろう、と。

ちなみにオットは、両親ともに高血圧で
両親それぞれの兄弟も皆、血圧が高く
脳卒中の経験がある人も数人います。

それでもね、まさか自分がなるなんて
まだ考えてなかったんですね。

倒れる数カ月前に会社で受けた健診でも
「血圧が高めですね。そろそろ気をつけたほうがいいですよ」
と言われたのですが

オット「そんな言い方じゃ、わからないよね」

失語くん、健診医にダメ出し。

オット「放っておいたら死んじゃいますよ、とか言わないと」

そのぐらい脅されたら、あわてて降圧剤を飲み始めて
倒れなくて済んだかもしれないね。

でもまあ、高血圧「だけ」が脳出血の原因ではないし
必ずしも「降圧剤を飲んでいたら発症しなかった」とは言えないんですけど。

それでも、オットにしては珍しく(たぶん病気になってから初めて)
「あのとき、ああしていれば」ということを口にしたので記録。

オット「みんなも気をつけてね、って書いて」

はい、書きました。

BLOG版ウチの失語くん 記事一覧

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
初めてのコメントの場合は、承認が必要です。掲載まで少々お待ちください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)