BLOG版ウチの失語くん

新人研修(発症7年10カ月24日)

Posted on 2020年6月13日

緊急事態宣言が解除され、仕事に復帰。
6月ですが、ようやく新入社員が配属されてきて
昨日はオットが「研修担当」をしたらしい。

私「何教えたの?」
オット「写真のこと」

業務に関するあれこれは他の社員が教えるけれど、写真については自分が一番わかってるから、その話をしたと。

オット「パワポ使って。よくわかったって」

会社にはオットナのようなヒトもいる。障害があっても、自分のできること、得意なことを仕事にできる。
新人さんは、そのことも「わかった」と思うよ。

BLOG版ウチの失語くん 記事一覧

みなさまからのコメント

コメントフォームへ

  1. アバター

    じゅに

    ここのブログを読んでいると毎日の過ごし方で、数年後が違うのだということを痛感します。「今日と明日ではあまり違いを感じられないけれど、数年後に振り返ってみれば。」ということなんだな。と。後遺症の種類、重さ、その後のリハビリの質、量など、たくさんの要因があるので、みんな同じにはいかないけれど、年単位で見れば、違ってくる。父がどこまでいけるのかわかりませんが、できることをやるしかないですね。
    こちらのブログだけでなくYouTubeも拝見しております。ご主人にもよろしくお伝えください。

    • 米谷 瑞恵

      米谷 瑞恵 Post Author

      じゅにさん

      本当にそうだと思います。オットの場合は、特に読み書きが3年前、5年前と比べると格段にできるようになっています。日々の暮らしのなかでは全く気づかないんですけれどね。お父さまにもよろしくお伝えください^ ^

米谷 瑞恵 にコメントする コメントをキャンセル

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
初めてのコメントの場合は、承認が必要です。掲載まで少々お待ちください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)