BLOG版ウチの失語くん

義母からの電話(発症6年1カ月29日)

Posted on 2018年9月17日

オットがひとりで帰省をしました。
アチラからコチラに戻る新幹線に乗ったタイミングで、義母から私に電話が。

おやおや、忘れ物でもしましたか。

義母「あのねえ、トシキ(ダンナのこと)には聞かせられない話なんやけど」

……な、なんでしょう^ ^;

義母「テレビの調子が悪くて、トシキに直してってお願いしたんやけど、説明書読んでもわからないって」

まあ、そうでしょうね^ ^;

義母「前だったら、あんなのチャッチャッとやれたのに」

そうですよね。

義母はオットの病気のことを忘れているわけではないのです。でも、年に数回しか会わないから、どうしても病前のイメージが残っているし、オットの症状は「話せない」だけだと考えているフシがある。

最初は一文字も読めなかったんですよ。頑張ってコツコツ練習して、そこまで読めるようになったんですよ。

義母「それは大変やったねえ。私も最近、文字を読むのが億劫になってきてねえ。耳もよお聴こえんようになってきたし、足もねえ〜(以下エンドレス)

BLOG版ウチの失語くん 記事一覧

みなさまからのコメント

コメントフォームへ

  1. アバター

    らぁちゃんママ

    あ~これはよくわかります。
    同じようなこと、日常茶飯事です。
    何度説明しても理解されなくて、夫は大きなため息。
    私もなんて説明したらいいのかと頭が痛くなります。
    でも、分かってもらおうとするのは難しいです。
    ただただ、子供のようになってしまってと思っておられるようです。
    違うのに・・・(泣)

    詮無いこと・・・

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
初めてのコメントの場合は、承認が必要です。掲載まで少々お待ちください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)