BLOG版ウチの失語くん

主治医と人事担当が話す(発症1年5カ月28日)

Posted on 2014年1月16日

先月の主治医診察で「まだ復職訓練中です」と報告したところ
「もう大丈夫なのにねえ」と言われた
という話を書きましたが、そのとき
「僕が会社の方とお話しましょう」と言ってくださったので
人事の方にお願いして、本日、病院にいらしていただきました。

いろいろと差し障りのある話なので、詳しくは書けませんが
会社の規則・原則、人事の方の立場など
さまざまなことを考慮したうえで
主治医の先生が、失語症者が復職するということについて
わかりやすく、温かく、力強く話してくださいました。

「カトウさんは、能力が低下したわけではなく
ただ、言葉が出にくいために
頭の中にあることをスムーズに伝えられないだけなんです」

「失語症というのは外国に行ったようなものです。
変わった外国人を採ったと思って、しばらく周りがフォローすれば
徐々に調子を取り戻して、力を発揮できるようになります」

会社の方に、どのぐらい伝わったのかは、正直わかりません。
でも、同席していたオットと私は、嬉しかった。

主治医がこの先生で、本当によかったです。

BLOG版ウチの失語くん 記事一覧

みなさまからのコメント

コメントフォームへ

  1. アバター

    らぁちゃんママ

    能力が低下したわけではなく
    ただ、言葉が出にくいために
    頭の中にあることをスムーズに伝えられないだけなんです

    わたしも胸に刻みます

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
初めてのコメントの場合は、承認が必要です。掲載まで少々お待ちください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)